レンタルきものや着付け教室を体験したい。

上手にアンティークの椅子をみつける

アンティークの椅子といっても、安価なものから歴史的価値の高いものまで様々です。
アンティークの家具全般で言うと、日本ではイギリスから輸入されたものを扱う販売店が一般的に多いです。
思ったほど価格も高くなく、安いものですと数万円で手に入れることができます。
アンティークと聞けば、とにかく高いというイメージもあるかもしれません。
ですが年代や制作された場所などによっても金額は変わります。
お手頃なものも沢山あるのです。
小規模のおしゃれなカフェでもよく見かけたりしますので、自分の感性に合ったものを探すとよいと思います。

大量生産されていたものなどは、比較的安く出回っています。
ですので、希少価値などは少ないですが、お店や部屋の空間の雰囲気を出すには十分でしょう。
コレクターではないのであれば、そういう楽しみ方で満足できます。

これとは別に、北欧、特にデンマークで1950年代あたりに作られた作家ものの椅子は、希少価値も高く、見た目の質素さと比べて値段もかなり高いものがあります。
ただし、家具好きのマニアにはたまらない、なんともいえない温かみのあるデザインや木のカーブ、使いこまれた風合いがあり、手に入れたくなる素晴らしさを持っています。
こうした良さは、実は最初のうちは分からない場合が多いので、いい販売店を見つけて、店員さんと仲良くなっていろいろと教えていただくのがアンティークの知識を得ていいものを見つける一番の早道と言えると思います。
反対に、こちらから質問してもきちんと答えてくれない店は、値段も疑わしい場合がありますので、注意が必要といえるでしょう。

レトロな空間って落ち着きます。
自分の過ごした時期よりも昔の雰囲気でもなぜか懐かしい気持ちになるってとても不思議ですよね。
最近ではレトロな雰囲気づくりをした居酒屋もあったりして楽しいなと思います。

 

アンティーク   年代     椅子     販売店