レンタルきものや着付け教室を体験したい。

明治30年に開館した歴史を持つ博物館

前撮り京都国立博物館は、1897年(明治30年)5月に開館した博物館で、
平安時代から江戸時代にかけての京都文化を中心にした文化財を
収集・保管・展示するなどの役割を持つ施設です。

また、文化財に関する研究や普及活動も行っているなど、平常展示だけでなく
毎年2度~4度の割合で特別展が開催されるなどの特徴もあるようです。

2020年3月末時点で、国宝は29件で重要文化財は200件があるといわれており、
京都には数多くの文化財があるけれどもここに訪れれば展示品の鑑賞ができる魅力があるのではないでしょうか。

「bishouen.com」は、京都の街の中でも前撮りができる、このサイトにアクセスすることで
どのような場所で前撮りができてどのような写真になるのかわかります。

前撮りの写真を作る

結婚式の当日にも撮影はあるけれども、屋外での撮影は中々難しいなどからも
前撮りを希望するカップルも増えているようです。

しかも、こちらのサイトでは海外のような雰囲気の中での前撮りや京都の古い街中の中での
和装による前撮りなど二人のニーズに合った写真を撮影して貰えることがわかるようになっています。

ウェディングドレスなら京都国立博物館、和装なら八坂の塔など公式サイトへのアクセスがおすすめです。

比較的人の少ないロケーション

前撮りは時間をかけて好みの写真を撮影して貰えるメリットがありますが、このような撮影をしていると
いろいろな人が見学に来て恥ずかしいなどと考える人も多いようです。お勧めの前撮りサイト

和装やウェディングドレスの衣装は屋外では滅多に見ることがない光景ですから、
前撮りが行われていれば誰もが見学したい、そして人々の目線は恐らく新婦さんとなる女性に向けられることでしょう。

「bishouen.com」では、物館での撮影の際には比較的少ないロケーションの中で行うことが明記されています。

こちらの博物館では1年に2~4回ほど特別展が開催されることがあるのですが、特別展は人気があるので
この時期の前撮りは多くの観客の中で行われることになるわけです。

ただ、こちらの博物館はヨーロッパの雰囲気を持つ建造物でもあり、海外で前撮りを行っているような感覚の中で
2人の記念となるウェディングドレス姿とタキシードでの写真が撮れる魅力は大きいのではないでしょうか。

特に、海外で撮影したかったなどと考えるカップルにとって人気の京都での撮影ができ、
しかもスタジオを利用したプランを併用すれば屋外と屋内の2つの衣装で前撮りができます。

 

 

TOPページ   前撮りの撮影場所   京都の町中で風情ある撮影内容   着る物   京都で婚礼用結婚式用   京都で前撮りをするへアセット   京都で着物を学ぶ   SITEMAP   屋外結婚式前の前撮り   京都シーズンオフお得     贅沢京都の町を散策    ススメ    圧倒的に人気があるの京都での写真撮影    こだわり    京都の前撮り撮影人気スポット    正座シーンが撮れる    ヨーロッパの雰囲気